【英語 読解】 リーディングの勉強法をめちゃくちゃ詳しく解説します

英語

こんにちは。takuです。

今回は「英語のリーディングの勉強法」についてお話していきます!

【今回のポイント】
英語のリーディングの勉強法を詳しく解説!
【こんな人にオススメ!】
リーディングが苦手な人!

以前、英語のリスニングとスピーキングについてお話をしてきました。

今回は文をつかさどる英語、そのうちの一つであるリーディングの話です。

どうやって英語の文章を読み進めていけば良いのか、解説していきます!
それでは!

これで決まりだ!

リーディングは「速く正確に読む!」ことがゴール!

リーディングで必要なのは「速く正確に」解くことです。

もう、これしかありません。

皆さんも、速く読もうとすると正確に解けないし、
正確に解こうとすると時間が無くなるってことありますよね?

特に東大の英語は時間が全然なくて、ひたすらそこで悩み続けるわけですが…

では、それぞれ具体的にどうなっていれば良いのかを分けて説明します。

リーディングのポイント① : 速く読む

まず「速く」の部分ですが、
言ってしまえば「英語脳を作ってください」ってことです。

英語脳というのは、英語の文章を日本語に訳してインプットするのではなく、
英語のまま直接インプットするというもの。

漠然としていて分かりにくいですが、これは慣れればできるようになります。

要するに、速く読むためには英語を読みまくって英語に慣れていくことが必要なわけです。

他にも「速く」の部分で色々言えることがあるんですが、
とりあえず「速く→慣れること」だと考えておけばOKでしょう。

リーディングのポイント② : 正確に読む

次に「正確に」の部分ですが、これは少し複雑です。

大きく2つのことを考えれば良く、
それは「最低限正確に」と「必要な部分は超正確に」です。

一つ目の「最低限正確に」ですが、大体何の話をしているかが分かればOKってことです。

もちろん本来であれば(それこそ日本語の文章を読むときなら)、
すぐに正確に全部理解するのが当たり前です。

しかし、受験英語の段階でそれをやるのは無理。
それに、大体何の話をしているのかさえ分かるだけで十分点数はとれます。

二つ目の「必要な部分は超正確に」、これは和訳とかの問題で精読しましょうねってことです。

学校や予備校でよくやる品詞分解を実際にやっていきます。

 

英語のリーディングで意識するべきなのはこれだけです。
だからそんなに難しくないと思います。

リーディングの攻略法

では、具体的にどういう種類の問題があってどう攻略すれば良いのかをそれぞれ見ていきます。

一番最初に言っておきたいのが、
これから上げる問題は東京大学で出される英語の試験をもとに考えました。

逆に言えば、東大の問題を解けば大体の大学・問題に対応できるはずです。

東大を受けない方でも、少し東大の問題を解いてみていだたきたいですね。

意外とそんなに難しくないです。(東大の難しさはそこではなく、時間配分です)

攻略法① : 要約・文整序

まずは要約と文整序です。

この二つは、要は「大体の流れを理解できてるか?」がポイントになってきます。

したがって、まず

【要約と文整序で押さえるべきポイント!】
話題 Topic : 何の話をしているのか?

を把握しておくようにしましょう。

ここで出てくる話が「文章をつかさどる」というところ。

フォーマルな話でもそうですが、ちゃんとしたことを話すときは
必ず「起承転結」の形があります。

【起承転結のフォーマット】
結論 conclusion : 一番言いたいこと。最初と最後にこれを言う。
理由 reason : 結論がなぜ正しいのか。
基本は結論→理由→結論!

他にも文章の構成で色々説明するべきことがあるんですが、
とりあえず「結論→理由→結論」だと思ってください。

そこから、それぞれのタイプの問題に落としこんでいくと、
要約は「結論と理由を書くだけ!」、
整序は「バラバラになった要素を関連付けるだけ!」。

これだけ意識すればある程度は解けるようになるはずです。

東大英語の話をすると、
要約は結論と理由さえかければ半分は絶対点数が来ます。

段落整序についてはもう一歩必要で、
First, Second…の助数詞、aとtheの冠詞、固有名詞と代名詞を意識しながら
段落同士を繋げていくのが重要になってきます。

あとは「慣れ」です。
何回も読んで解いて「速く読む」力を付けるようにしましょう! 

攻略法② : 英文和訳

次は英文和訳です。これは比較的簡単です。

やり方は単純で「丁寧に読む」、品詞分解をしていけばちゃんと和訳できます。
満点も狙えます。

改めて構文について説明しますが、英語の品詞には

S Subjective 主語
V Verb 動詞
C Complement 補語
O Objective 目的語
M Modifier 修飾語 

この5つしかありません。これを使って説明したのが5文型です。

5文型はここでは詳しく説明しませんが、
めちゃくちゃ重要なので絶対に覚えておきましょう。

そして、これを使って文章構造を整理して、分かりやすく日本語に訳せばいいわけです。

一方で、問題なのが

「分からない単語・訳しづらい単語」
「修飾関係」
「文法上おかしい」

恐らくこの3つだと思います。

まず、単語の問題についてはできる限り覚える必要があります。
ただこれは、ある程度覚えればいいだけだし、
むしろそれで限界になることだってあります。

どんなに頑張っても知らない単語は絶対に出てくると思います。
この時意識してほしいのは「語源を考えること」と「前後を見ること」です。

まず、語源を考えましょう。
例えばuniformはuniとformに分かれます。

formは「形」ですが、uniは「uno 1つ」です。
Unoってカードゲームありますよね。

要するにuniformは「一つの形」であり、
これが「制服」だったり「統一する」だったりするわけです。

こんな感じで、どんな方向性の意味になりそうかを推測します。

そして前後の文章を見て、文脈上こうなりそうだなっていうものから意味を推測していくわけです。

次に修飾関係です。

修飾関係は、
何が何を修飾しているのか?」と「その修飾関係が文法上正しいのか?」を考えてください。

例えば、形容詞は名詞だけを修飾しますし、副詞は動詞・形容詞・副詞を修飾します。

それぞれの品詞の役割にかなうように修飾関係を推測していくわけです。

最後に、たまに文法上おかしい場合があります。

例えば、Dog is this. (正しくはThis is dog.)とか、
This dress I like. (正しくはI like this dress.)とか。

この文章はそんなに難しくはないから分かるとは思うんですが、
一見、「ドッグはこれ?ちょっとおかしくない?」って思うかもしれません。

だから難しくしたら、なおさらワケワカメになるわけですね。

実は、これは倒置というもので、伝えたいことによっては語順が変わるんです。

日本語でもそうでしょ?「好きなんだよね~、この服。」って言いますよね?

まあでも慣れない言葉なのに、
なれなれしい使われ方・くだけた使い方をされたら誰だって分かんなくなるわな笑

もう一つ、省略もあるんですが、ここでは深くは言いません。

色々めんどくさいんですが、柔軟に対応しましょう…笑

攻略法③ : 長文読解の言い換え、選択問題

最後に長文読解です。

ここでは主に「どういうことか?」という文章と同じ内容を答えさせるような問題が出てきます。

これも「大体の流れを掴む」のが基本です。

その流れに応じて、下線部など対象となる部分に沿う答えを選択したり、書いたりするわけです。

ここで意識してほしいのが「パラフレーズ」です。結構重要。

パラフレーズとは、同じ意味のことを違う単語で言い換えること。

多くの場合、パラフレーズが正解になるとかならないとか?
(あんまり僕は鵜吞みにはしたくない話ですが…)

知らないと普通に解くのが辛いんで、パラフレーズは意識しておくようにしましょう。

Sponsored Links

リーディングの勉強法

ここまでで、それぞれのタイプの問題ごとに解き方をしてきました。

次は実際にどうやって勉強していくかについて話します。
要するに練習法です。

この勉強法は予備校に合わせて僕がやっていたものなんですが、
受験英語では予備校に合わせてやるだけに結構重要だと思うのでぜひやってみてください。

勉強法① : 全文精読して理解せよ

問題を解き終わったことが前提ですが、
まず品詞分解をして全文精読して徹底的に理解します。

予備校でも解説してくれるんですが、
その前に予習として品詞分解をしておくといいでしょう。

この段階で全文和訳と知らない単語を調べてメモしておくとGood。

だいぶ大変な作業ですが、こうすることで読解の精度も上がるし、
それに伴って読むスピードも上がってきます。

勉強法② : ひたすら音読せよ

次に音読をします。

音読をするにはいろ~~~んな理由がありますが、
今回の話で言えば「速く読む」力を付けること、これもその理由の一つです。

目安ですが、一つの文章に10回は読むようにしましょう。

この時にも意識してほしいことはあるんですが、今回は省略。

勉強法③ : 解き直しをせよ

そして最後に解き直しをします。

解き直しの回数の目安は2回です。

最初に初見で解く時は「文章の行数」を分数にして制限時間にして解き、
1回目の解き直しではそれをマイナス5分、
2回目ではマイナス10分に短縮していきます。

そして、解きなおしの後にも音読を10回します。

 

ここまでゴリゴリでやっていけば英語力は絶対伸びるはずです。

もちろん相当大変なんだけどね。

Sponsored Links

終わりに

今回は英語のリーディングの勉強法についてお話してきました。

超長かったけど、それだけリーディングについてはノウハウが詰まってるってことですね。

大変だと思うんですが、勉強はひたすら努力するしかありません。

めげずに、意識を高く持って臨んでくださいね!

 

最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよければコメント・ツイッター共有・拡散をよろしくお願いします!
それでは!

チャンスを掴め!