効率の良い勉強法はたった一つ。 アウトプットを重視せよ。

勉強法

こんにちは。takuです。

今回は「効率の良い勉強法」についてお話します!

【今回のポイント】
効率の良い勉強法、アウトプットについて解説。
【こんな人にオススメ!】
まとめノートとか暗記とかでインプットしがちな人。

それでは!

これで決まりだ!

効率的に学力を上げるためのたった一つのポイント

まず言いたい。

皆さん、勉強の効率が悪すぎます。

Twitterで色々勉強の様子を拝見してますが、
「これは効率悪いなぁ…」っていうものがちらほらあります。

効率的に勉強する方法について、今回一番言いたいのは次のこと。

アウトプットをせよ。

効率の良い勉強法は絶対にアウトプットです。
絶対に間違いありません。

今からインプットとアウトプットについてのメカニズム、そして具体的な方法論を説明します。
ぜひご覧ください。

インプットとアウトプットの仕組みとは?

知識獲得までの流れ

まず、物事をどうやって知って覚えて問題を解けるようにしていくのかについてです。

当ブログでは勉強を「知識を身に付けて、活用すること」と定義しています。

これは要するに知識をインプット、アウトプットするってことです。

テストについても同じことが言えます。

テストの点数を上げる方法は、知識を覚えて、解けるようにする。
たったこの一つです。

インプットではなく、アウトプットを重視せよ

これら2つの「プット」の中では、絶対にアウトプットを重視すべきです。

まず、皆さんはインプットをしすぎです。

よく、まとめノートを綺麗に書いたり、文字を書きまくっているのをよく目にします。

本当に良く頑張ってるし、女子なんかの写真は女の子らしさがあって映えます。

ムダだけどね笑

確かに、勉強のモチベーションになるかもしれませんし、
「ムダ!」って言われたらちょっと萎えるかもしれません。

でも、根本的に成績が伸びなければ意味がないでしょ。

どんなに頑張ってもできないってなったらなおさら萎えます。

Twitterでの勉強ツイートは半分がムダ

では、なぜムダなのでしょうか?
それは簡単で、「解けるようになったことで初めて覚えられたことになるから」です。

覚える・暗記するって何だと思いますか?
僕は「答えを見なくても答えられる状態にする」ことだと思います。

ということは、そうなるようにしないといけないし、
そうなったことで初めて覚えたことになるんですよ。

例えばフランス革命が起こった年は1789年ですが、
「フランス革命 1789年、フランス革命 1789年…」と口に唱えるだけでは覚えたとは言えません。

そうではなく、「フランス革命が起こった年は?」という問題に
「1789年!」って答えて初めて覚えたってなるわけです。

後述しますが、このように口に唱える、書くことだけではなく、
問題を解くことが勉強においては必要不可欠です。

Sponsored Links

具体的にどういうこと?

では、具体的な行動について見ていきましょう。

アウトプット① : 問題を解け!

問題を解く。

これがまず一番の勉強法です。

覚えずに実際に解いていくスタイル、例えば現代文や数学は問題集を解き進めること。

一方で覚えていくスタイル、例えば歴史や英単語は覚える単語を隠して問題にすること。

勉強のスタイルとしては以上の2つに大別されますが、これを徹底してください。

覚えていくスタイルについては、色々な方法がありますが、
具体例を挙げると、

歴史は一問一答を買って解きまくってください。
解き方としては、オレンジの部分を赤シートで隠す勉強法です。

英単語も歴史と同じですが、オレンジペンで単語を書いたり、
黒字でも紙を折ったり、下敷きで隠したりすればOKです。

基本的にはこれらのやり方をベースにしていきましょう。

アウトプット② : Twitterで英文を書け!

次にSNSを使った勉強法について。

ドラゴン桜では、SNSにツイートをすることも立派な方法だと言っています。

僕も実際にちょこっとだけ書いたことがあります。

上のツイートはドラゴン桜で出てきた問題が面白くてやってみました。

Twitterに「英語禁止」なんてルールはありません。
そして、海外アカウントもたくさん存在します。

例えば、サッカーが好きだとしましょう。
それなら好きな海外チームをフォローしてコメントしたりしても良いかもしれません。

要はやり方です。

SNSは娯楽のための、暇つぶしのためのものであると多くの方は思うでしょう。

しかし、使い方次第では勉強につなげることはいくらでもできます。

アウトプット③ : インスタで問題を解いたノートを写真で載せよ!

もちろん、SNSはTwitterだけではありません。

インスタグラムに投稿して、自分が問題を解いた写真を載せても良いかもしれません。

ちなみに、僕は旅の写真を英語・日本語の解説と一緒に載せたりしています。

プライベートのアカウントなのでお見せすることはしません笑

ちなみに…

最後に、僕自身の話を2つします。

一つ目は勉強の話です。

実のところ、僕も結構インプットしちゃいがちですが笑、意外と重要だったりします。

例えば、僕は法律の授業を受ける時はまずは教科書を読みます。さら読みです。

この狙いは「何の話をしているのかをざっくりと掴むこと」です。
ここでは覚えることを全く意識していません。

この後に試験の過去問を解きます。そこで改めて知識を身に付けていくわけです。

二つ目は遊びの話です。

ん?遊び?はい、そうです。遊びです。

パズルゲームのテトリスはご存知ですよね。
あのテトリスは法則性があり、それを使ったパズルの積み方がたくさん考案されています。

それを、手本を見つつ、実際にゲームで練習して身に付けていく。
これって勉強と同じだと思いませんか?

よく、勉強とスポーツを一緒に考えることがあります。
僕はスポーツに限らず、色んな事を勉強と同じじゃね?って考えることがあります。

だから、楽しくて努力や勉強をしているんですね。

Sponsored Links

終わりに

そんなこんなで、今回はアウトプットをした方が良いっていう話でした。

具体的なやり方について、こんなんでいいのか?って思うかもしれません。
(もしかしたら、斬新で面白いと思っていただけるかも?笑)

勉強法に大義名分はありません。

結局、そのやり方が自分の目的を達成するのに効果的かどうか?
これが一番重要です。

それをよく考えながら勉強をしていきましょう!

 

最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよければコメント・ツイッター共有・拡散をよろしくお願いします!
それでは!

チャンスを掴め!