【勉強しやすくて仕方がない!】世界一楽で楽しい地理の勉強法

社会

こんにちは。takuです。

今回は「地理の勉強法」についてお話します。

【今回のポイント】
地理の勉強法について解説。
【こんな人にオススメ!】
地理の対策をしたい人!特にセンター対策、二次試験対策をしたい人!

どの社会科目でもそうですが、地理はある程度やれば確実にできるようになる科目です。
そこまで長い時間やるようなものでもありません。

一方で、効率を上げることができれば他の科目に時間を割くことができます。
時間のない受験生にとってはかなり大きいです。

そこで、効率よく地理を勉強するためにどうすれば良いのかについて説明していこうと思います。

それでは!これで決まりだ!

インプットが比較的簡単な科目

地理は、歴史と同じく「用語・背景知識」を覚えていくのが基本になります。

ただ、結構覚えるのが簡単です。というのも、地理は今起こっていることを学ぶものだから。

例えば、北海道は酪農が盛んですが、実際に北海道に行ってみれば牧場がいっぱいなのがすぐ分かります。

というか、行かなくても牛乳の産地を見ればすぐ分かりますよね。花畑牧場だってあるし。

こんな感じで、結構身近なので自分の知識と結びつきやすいんですね。

知識に「なぜ?」とちょい足しをしよう!

知識を覚えやすいのが特徴ですが、ここに「なぜ?」を足してみましょう。

例えば北海道の酪農の例だと、

北海道では酪農も盛んです。乳牛の飼育頭数は全国1位。そのおよそ6割が、北海道東部に広がる根釧(こんせん)台地周辺で育てられています。その面積は香川県よりも広いそうです。乳牛が多い理由は、牧草の土地が広く大規模。そして涼しい気候が乳牛に適しているからです。もちろん、生乳(せいにゅう)の生産量も日本一。牛乳だけではなく、バターやチーズなどの加工品もたくさん作られています。

NHK for school 「なぜ北海道ではたくさんの食材がとれるの?~北海道地方~」より。 「酪農 北海道 なぜ」で検索。

こんな感じ。土地が広くて涼しいから、ですね。

繰り返しますが、地理は自分の知識と結びつきやすいので覚えやすいです。
なので、余力を「なぜ?」に回しやすいんですね。

そして、この「なぜ?」は勉強の面白さでもあり、勉強において重要な部分です。

というのも、エピソードで記憶しやすくなるから、主体的な学びができるから、
そして疑問を解決することに快感や達成感を感じることができるからです。

これを調べること自体は簡単でグーグルに「【地理の知識】 なぜ」と入力するだけです。

ね、簡単でしょ?

アウトプット重視 : 問題を解いた方が早い

注意したいのは、むしろアウトプットです。

というのも、地理の問題で難しいのは「知識を活用する」ことです。

例題を出します。

【問題】
乳牛の飼育頭数が一番多いのはどこの都道府県か?その理由についても述べなさい。

さっきお話した酪農を問題にしましたが、ちょっとめんどくさいですよね。

というのも、知っている知識をどう使うか、どうやって答えに書くかが分かりにくいからです。

まず、この時に意識するのは「質問に答える」ことです。

質問→①乳牛の飼育頭数が一番多い都道府県、②その都道府県の飼育頭数が多い理由

北海道

土地が広くて涼しいから

こんな感じになりますよね。これを実際に指定された文字数に合わせて答えていくわけです。

例えば、答えを合わせて30字以内で書く場合、

北海道。土地が広くて涼しく、乳牛の大量飼育に適しているから。 (30字)

こうなります。「乳牛の大量飼育」と書いたのは、飼育頭数が多いというところに論理的に繋げるためです。

こうして見ると、地理の問題はかなり難しいです。

なので、実際に問題を解いていく方が良いと思います。
アウトプットは記憶しやすいというメリットもありますからね。

時事を知る : 新聞や株を見てみよう!

最後に、時事です。「新聞を読んだ方がいい」は本当でしょうか?

結論、読んだ方が良いです。

というのも、身の回りのことをもっと知って、地理の勉強につなげやすくなるからです。

しかし、学生の方は色々なことをやりたいと思うし、色々なことをやらなければならないと思います。
その中で、どうしても新聞を読むのをやめてしまうのが実情。

それに、新聞は基本的にご両親が見ます。
親が読み終わった新聞をわざわざ読むなんて、そんな融通の利かない状況は嫌ですよね。

これに対する対処として、大きく3つあります。

それは「ニュース番組」と「電子ニュース」、そして「株・fx」です。

オススメの時事勉強①:ニュース番組

まず、ニュース番組。

ご飯食べてる時間にNHKのニュース番組を見てみましょう。

このやり方の強みは、「ボーっと見ても頭に入ってくること」にあります。

皆さんが普通にテレビを見る時は、頭を使って考えるわけでも手足を使うわけでもありませんよね。

ボケっと見るだけなので楽なんですね。

もちろん、他の番組を見たい!という人は別にそれで構いません。
Youtubeの動画を見ても構いません。

その中で、たまに退屈になるときがありますよね?
その時にNHKを見ると良いと思います。意外と面白いですよ。

オススメの時事勉強②:電子ニュース

次に、電子ニュースを使うという方法があります。

一番オススメなのはLINEで時事ニュースアカウントを友達登録すること。
そうすると、速報や定期的なニュースが送られてきます。

それをサラっと見ると良いと思います。

これも「適当で楽なところ」が長所です。

毎日何十件も通知が来るわけではないので鬱陶しくなく、暇な時間に適当に見れます。
これも意外と面白いです。

オススメの時事勉強③:株とfx

最後に、株式取引とfx(為替レート取引)です。

株式取引を実際にすることで、会社や時事情報を知るというのが目的ですね。

これの良さは「自分のお金が増えたり減ったりする」というところ。
ゲーム感覚でやることができるので、楽しくできます。

ただし、高校生の方はお金がないと思います。

ご安心を。世の中には「バーチャルトレード」という神のようなアプリがあるんです。
トレダビ、FXなびなど、実際にお金を使わずに取引ができます。

もし、自信がついたらお金を使うのもいいかもしれませんね。

ただし、お金が減る可能性もあることだけはご注意を。

Sponsored Links

終わりに

最後にですが、地理は「いかに物知りか」が勝負になってくると思います。

そういう意味では、歳を重ねて社会にコミットしている人ほど得意な感じはします。

自分から新聞やニュースを日頃見ている人にとっては得意な科目でしょう。

しかし、やはり毎日継続して新聞やニュースを見るのは意外に難しかったりします。

なので、自分が出来るところから、楽に楽しく地理を勉強していくようにしましょう!

 

最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよければコメント・ツイッター共有・拡散をよろしくお願いします!
それでは!

チャンスを掴め!