【超簡単】 歴史で押さえておくべきたった2つのポイント

社会

こんにちは。takuです。

今回は「歴史の勉強法」についてお話します!

【今回のポイント】
日本史・世界史の歴史の勉強法を説明する!
【こんな人にオススメ!】
歴史が苦手、そんな方!

歴史でやることは至ってシンプル。歴史的な出来事・用語とそれらの背景事情を理解して覚えることです。

なので、当ブログで提唱する勉強の基本三要素をマスターし、考えながら勉強していけばすぐにできるようになります。

早速ですが見ていきましょう!それでは!

これで決まりだ!

勉強の基本要素を押さえよ。

冒頭の通り、歴史は勉強法の基本を押さえればすぐにできるようになります。

無論、逆に言うと時間かけてやる必要のない科目が歴史ということになります。

というのも、歴史って最悪覚えればどうにかなるからです。

「覚えるの嫌~」って言う人。気持ちメッチャ分かる。

でも、覚えないとどうしようもないものが歴史では多いんですよね。

フランス革命は1789年に起きましたが、1789年にタイミング良く起こった理由なんて存在しません。
なので1789年は覚えるしかありません。

もちろん、18世紀ごろは市民革命が起こった時期だ!という話で、18世紀にタイミング良く起こった理由は色々あります。
こういう時期の繋がりは色々な背景があるのである程度は整理可能です。

以上を踏まえると、なぜなのか・何なのかを「理解」して、用語を「暗記」するだけで良いんですね。
で、これが基本三要素のうちの理解・記憶に当たるわけですね。

勉強の基本三要素はこちらから!
勉強法の基本―理解する・覚える・応用する―
理解について、詳しくはこちら!
勉強法の基本―理解する―
暗記・記憶について、詳しくはこちら!
勉強法の基本―覚える 最強の記憶法―

歴史で押さえるべきたった2つのポイント

日本史も世界史も同じで、押さえるべきポイントは「歴史用語」と「背景知識」のたった2つです。

ポイント①歴史用語

歴史用語は「人物の名称」「国名・地名」「歴史上の事件の名称」などなど、今までの歴史の中で存在したもの、起こったことの名称のことです。皆さんの想像する歴史用語と同じです。

これを覚えるうえでめちゃくちゃ役に立つのは「一問一答」です。それをやりまくれば大体の問題はいけます。

一問一答の恐ろしさは、「クイズを無限にやりまくる」という所にあります。つまりアウトプットしまくれるのですね。

当ブログで言うと基本三要素の活用に当たります。

活用について、詳しくはこちら!
勉強法の基本―活用 アウトプットする―

ポイント②背景知識

用語のそれぞれを線でつなぐ知識、これが背景知識です。

簡単な言葉にすると「どうしてそうなったの?」です。

先ほどのフランス革命の背景知識について例に挙げます。

フランス革命は18世紀の背景があって1789年、18世紀の終わりごろに起こりました。

そもそも革命が起こった、というのは一般人が宮殿を襲撃してクーデターを起こしたということです。
日本で言えば国会議事堂を襲撃して政権を強奪したってこと。アメリカだとトランプ関連で最近ありましたよね(2021年4月現在)。

普通、革命は起こりません。これは当たり前ですが、理由は「必要性がないから」。
普通の生活ができるなら革命なんて起こしませんよね。

なぜこんなことを言うのかというと、フランス革命時は一般人の生活が困窮していたからです。

なぜ困窮しているのか?それは国が戦争しすぎたからだ!いやいやそもそも納税の制度が不平等すぎる!
(実はどっちも正解です)

これは誰のせいだ!王の仕業だ!なめやがって、クソ野郎!!

こうして、激おこぷんぷん丸になった一般市民が牢獄を襲撃(バスティーユ牢獄)、マリーアントワネットについてあることないことを散々に誹謗中傷し、王一家を全員広場で民衆の前でギロチンで首チョンパ、しちゃった☆

こうしてみると相当頭おかしいですね笑

さて、今の話を踏まえて、

当時の様子が印象に残りましたか?フランス革命について覚えられそうですか??

記憶に残りそうですよね!人間はエピソードを伴った情報は記憶しやすいんですね。いわゆる点と点を結んだ線。

これは原因理解による記憶と当ブログで説明しておりますが、これを活用すると効率よく記憶することが可能です。
そして何より面白い。勉強しやすいんですね。

理解について、詳しくはこちら!
勉強法の基本―理解する―

終わりに

さて、ここまでを踏まえて、まずは「歴史用語」と「背景知識」のそれぞれでコツを掴んでみましょう。

【学習のヒント!】
歴史用語→一問一答をやりまくる!必要に応じて覚え方・解き進め方を改良しよう!
背景知識→なぜそうなったのか?を色々考える・調べてみる!

※背景知識については「ナビゲーター世界史」などの参考書がオススメ!これはまた今度話します!

これらを意識するとある程度のレベルまではすぐに勉強できるようになります!

早慶レベルでも東大のタイプの問題でも、ここまでをある程度伸ばしたうえで、大学別の対策をしておけば最低限の点数は取れるようになるはず。

なので、今全然できなくても全然問題ありません!焦らず着実に実力を付けていくようにしましょう!

最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよければコメント・ツイッター共有・拡散をよろしくお願いします!
それでは!

チャンスを掴め!