勉強を始める前に ―勉強とは何か?―

未分類

こんにちは。takuです。

今回は「勉強とは何か」について説明します!

学生の人達は勉強勉強!となっている人、「勉強しなさい!」って言われる人、
そんな人がたくさんいるでしょう。

勉強やりたくない!やりたくてもどうやったらできるようになるんだ!
どうやったら子供が勉強してくれるようになるんだ!色んな思いがあると思います。

「成績 伸ばし方」「やる気 出し方」「勉強 やり方」なんて検索ワードもきっといっぱいあるでしょう。

でも、ちょっと待て…勉強ってなんなんだ?

闇雲に勉強勉強と言って学校の成績を上げることにこだわっていても多分無理です。

勉強にはちゃんとやり方があって、それにのっとって勉強をすればちゃんとできるようになるはずです。

その作法を知るためにも、まず勉強という言葉、勉強という行動の意味を理解していきましょう!それでは!

これで決まりだ!

勉強とは何か?

勉強という言葉には場合によって意味が分かれると思います。

学校の勉強は学校でやる国語数学社会理科だし、社会勉強と言ったらバイトとかをやって世の中のことや人にはいろんな人がいるということを知る。
そんな意味で使われます。

このブログでは次のように定義します。

勉強とは、「知識・情報を得て、それを活用すること」である。

もっと簡単に言えば、何かを知ってそれを使ってまた別の事をする、ということです。

先の例で言えば、学校の勉強は教科ごとに学ぶ内容を先生に教えてもらったり、自分で調べたりして、それを踏まえてテストを受けることですし、社会勉強なら世の中のことを知って、その後の社会人生活に役立てていくということになります。

学校の勉強にこだわる必要はない!

さて、なぜこのような言い方をするのかというと、皆さんに一つ大切なことを理解してほしいからです。

それは、「学校の勉強はそこまで重要ではない」ということです。

理由は2つ。他にも知るべきことがたくさんあるから、そして時間が有り余っている今その青春時代を楽しんでほしいからです。

詳しい話はまた別の機会でお話します。

学校の勉強をする理由とは?

ただ、やっぱりその青春時代の中でも学校の勉強をすることは必要です。

なぜかと言うと、社会を知る、社会一般の常識や社会生活上知っておくべき教養の多くを学校の勉強で知るからです。

そしてもう一つ大事なのが、「知識を活用する」というキーワードです。

これについてもまた別の機会に話しますが、学校の勉強で学んだ知識は色んな所で生きてきます。大学生になると痛感します。

だから、最低限はやった方がいいのです。

Sponsored Links

終わりに―その先にある勉強の意味と勉強法―

では最後に、「成績 伸ばし方」「やる気 出し方」「勉強 やり方」へどのようにつながっていくのかについて。

冒頭に勉強は「知識を得て活用する」ことだとお伝えしました。
これは当たり前ですが二つの作業に分かれます。知識を得ること(インプット)、そして知識を活用すること(アウトプット)です。

これを上の検索ワードに照らすと、
「やる気の出し方=勉強の目的(インプットの目的→アウトプット)」
「勉強のやり方=インプットの仕方
「成績の伸ばし方=アウトプットの仕方
となります。繋がってるでしょ?

そしてこれをまとめると

勉強の意味」「勉強法

になります。このブログでお話するのはこの2つです。

勉強の意味についてはこちら!
勉強の意味 ―なぜ勉強をするのか?―
勉強法についてはこちら!
最強の勉強法 ―成績アップまでの道のり―

勉強とは何かについて、なんとなくご理解いただけましたでしょうか。

この先の勉強の意味、勉強法の話についてはまだ分からないところも多いかと思いますし、皆さんの求めている「成績 伸ばし方」「やる気 出し方」「勉強 やり方」に対する回答にはまだなってていないかとも思います。

この先はまた別の記事にてお話しますが、まずは勉強の意味が「知識を得て活用すること」だということをご理解ください!

 

ご覧いただきありがとうございました!
もしよければコメント・SNSの共有などお願いします!
それでは!

チャンスを掴め!