最強の勉強法 ―成績アップまでの道のり―

勉強法

こんにちは。takuです。

今回は勉強法の基本「成績の伸ばし方」ついてお話します。

【今回のポイント】
どのように成績がアップしていくのかについて理解する。
それをもとにどう勉強をすれば良いのか考える。
【こんな人にオススメ!】
全ての学生!この記事は勉強法をマクロの視点から分析しています!

どうやって知識を覚えて、テストで力を発揮していくのか。
解説していきます!それでは!

これで決まりだ!

成績アップの道のり

実際に勉強をして成績を上げるには、基本となる手順があります。

まずはこの手順・流れを理解することから始めていきましょう。

以下に簡単な図を載せました↓↓↓

簡単すぎかもしれませんので少し補足を加えます笑

まず、流れはスタートとゴールがあって成り立ちます

つまり、「スタート=今の自分の成績」から「ゴール=理想の成績」へ上げていくことになるわけです。

この流れ(フローチャート)を始めに理解しておくようにしましょう。

赤い数字は、今から説明する問題の手順となります。順番に①②③となっています。

手順①:ゴール・目標を決める

まずゴール・目標を決めます。

なぜかと言うと、自分のするべきことが明確になるからです。

逆に目標を立てずに勉強した場合、その勉強が目標を達成するのに必要な勉強かを考えることができません。

極端な話、漢字検定合格が本来の目標なのに英語の勉強をしても全く意味がないですよね。

こんな話はさすがにあり得ませんが、これと似たような形で
本来自分がするべきことからズレてしまうことは少なくありません。

それを考えながら勉強をするために、目標設定は必要なのです。

ゴール・目標についてはこちらから!
勉強の目的―目標とは?どう立てるのか?―

手順②:現状確認

次に、今自分がどういう状態なのかを考えます。これは①と同時進行でやっても構いません。

例えば「苦手な数学の成績を70点まで上げたい」と目標を立てとして、
「今自分の成績は大体60点くらい」だから、もう10点取れば良い。こうなりますよね。

要するに始点と終点をまず打つわけですよね。

これをする利点は「やるべきことが明確になりやすい」ことです。

上の例で言えば10点取れば良い、と具体的な数値で示されるわけですから、
大分やりやすくなるはずです。

詳しくは③で説明します。

手順③:学習計画

最後に③です。これは必ず一番最後にしなくてはいけません。

理由はもちろん「自分のするべきことを明確にしてから行動を考える」からです。

さて、数学の成績を上げる例について考えますが、
もう10点取れば良いとなった時に「逆に何で点数を落としたのか」を考えることになると思います。

すると色々な理由で落としたことが分かると思います。

ケアレスミス、計算ミス、書き方ミス、そもそも解き方が分からない…

この理由の中でミスはなくすことが比較的簡単です。

だからミスを無くすことを意識することから始めます。

このようにして自分が今何をするべきなのか、
自分に今何ができるのかを整理することができます。

そこから成績がスムーズに伸びていくわけです。

学習計画についてはこちらから!
学習計画ー5W1Hを考えよう!ー

 

このように、この3つの手順をマスターして使いこなすことができれば、簡単に成績を上げることができます。

もちろん、手順をマスターすること自体が難しいかもしれません。だからゆっくり時間をかけていく必要があると思います。

終わりに―学習計画について

今回は勉強法の基礎の基礎をお話しました。

最後に手順③の学習計画について。

学習計画で「ミスを減らすことを意識する」ことを例に挙げましたが、これも立派な学習計画の一つです。

なぜかと言うと、これは知識をアウトプットするという意味でちゃんと勉強に絡んでいるからです。

特に、成績が低い原因の大半がミスです。なのでどこをどうミスしてしまったのかをまず考えることから始めましょう。

そして、この学習計画にはまだまだ続きがあります。
これについては「学習計画ー5W1Hを考えよう!ー」をご覧ください!

 

最後までご覧いただきありがとうございました!
よろしければコメント・共有お願いします!
それでは!

チャンスを掴め!