【勉強の質!】 東大生の思う、絶対に押さえておきたい集中力アップの秘訣!

勉強法

こんにちは。takuです。

今回は「集中力アップの秘訣」についてお話します!

【今回のポイント】
勉強をしたい人が集中できるようにするために押さえておくべきポイントを解説! 【こんな人にオススメ!】
集中力が続かない!やる気が出ない!そんな方!

今回は集中力アップのための具体的方法について考える前に、そもそも何を考えなくちゃいけないのかについて考えていこうと思います!
それでは!

これで決まりだ!

集中力を上げて勉強の質を高める

以前、勉強を量と質という側面からお話をしたことがあります。

勉強の量と質の話はこちら!
【量か質か】勉強をする時に考える量と質の話

今回は勉強の質の話になるわけですが、この質には大きく2つの要素があり、1つは勉強法(どうやって勉強するのか)、もう1つがこの集中力です。

もちろん、勉強法はすでにお話しております。基本3要素は「理解」「記憶」「応用」ですね。

勉強の基本3要素についてはこちら!
勉強法の基本―理解する・覚える・応用する―

さて集中力ですが、当然高い集中力で勉強をしていきたいですよね。

どうやって集中力を上げていけば良いのでしょうか?

具体的な方法論については別の機会でお話するのですが、そもそも何がポイントなのかを考えないと全く意味がありません。

というのは、この方法論というのは「勉強に集中する」という目標に沿っているのかが一番大事であり、実はそれは人によって大きく違ってくるものなのです。

それがどういうことなのかも踏まえて、考えていくべきことについてお話します。
大きく2つあります。

集中力アップの上で絶対に考えるべきこと①―When?

1つ目は「When?」です。
勉強をする時間論の話ですね。

これ、実は場所論の「Where?」も一応含みますが、それほど重要でないので時間論だけに注目します。

※補足
「Where?」は環境的な意味もあり、これが音や椅子・机の話につながります。

時間の長さの「When?」

まず時間の長さ、つまり勉強時間です。

当たり前ですが時間は長ければ長いほど量が増える一方で、質が悪くなりがちになります。

集中力には持続時間があるということですね。

例えば僕の場合だと、大体8時間くらいが限界です。
12時間ぶっ続けでやった場合、その疲労が次の日にも持ち越され集中力が大きく下がります。

スポーツをやっている方は練習時間を考えると分かりやすいです。
やればやるほど疲労が溜まっていくんですね。

集中力というのは脳の"筋力"のようなもの。なので、脳の調子を整えながら勉強時間を調節する必要があるのです。

以上のような話が、食べ物・飲み物の話(筋力を付ける、疲労回復)だったり、時間の長さだったりになるわけです。

タイミングの「When?」

次に勉強をするタイミングです。時間帯ですね。

例えば朝にやるのが良いのか?夜にやるのが良いのか?

後述しますが、これは70%くらいは人によります。

そしてこの話をするのは、1日の時間の流れに沿ってその時々に応じた勉強をすることで、リズムを作ることが見込めるからです。

このリズムというのが非常に重要です。

極端な話をすれば、ある日には9時に寝て、別の日には日付が変わって3時に寝る…なんて生活をしてしまうと、時差ボケのような現象が起こってしまいます。

要するに、体がついていかないのです。

これは勉強の質を大きく低下させることに繋がります。

集中力アップの上で絶対に考えるべきこと②―集中力のタイプ

2つ目は集中力のタイプです。

どういうことかというと、勉強の集中力、あるいは勉強のやり方というのは勉強をする人間によって大きく変わってくるということです。

朝型人間の人がいれば夜型もいます。
15時間ぶっ続けで集中できる人もいれば、僕のように8時間で限界を迎える人もいます。

もちろん、ちゃんとリズムを整えて早寝早起きをしつつ、12時間くらい勉強するのが理想です。

でもそれって皆が皆できますか??

さすがに難しいでしょ?

自分の知識量・思考力を生産するのが勉強である

ここで、勉強について改めて考えます。

このブログでは勉強は「知識を得て活用する作業」であると定義しております。

言い換えると自分の知識量・思考力を生み出して増やしていくことです。

このような考え方をすると、自動車を始めとする産業と似たようなメカニズムとして捉えられます。

つまり、「生産計画(いつ何をやるか、生活リズム)をして、それに合わせて実行(勉強)する」のです。

終わりに

以上の通り、勉強の集中力アップの方法論は「何が自分にとって一番良いのか」を考えることが非常に重要です。

これを分かっていないと、どんなに「めっちゃ良いよ!」と謳っている集中力アップの方法でも、実際に効果が出ない可能性が出てきてしまいます。

何事においても、勉強は特に頭を使って考える作業です。考える力は絶対に必要です。

それをよく理解しておきましょう!

 

最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよければコメント・ツイッター共有・拡散をよろしくお願いします!
それでは!

チャンスを掴め!