【記憶】忘れるのは当たり前!暗記・記憶の考え方

勉強法

こんにちは。takuです。

今回は「暗記・記憶の考え方」についてお話します。

【今回のポイント】
暗記・記憶をする上で、持っておくべき考え方を理解する!
【こんな人にオススメ!】
暗記が苦手…忘れてしまう…そんな方!

勉強をする上で、暗記・記憶は欠かせません。

やはりどうしてもある程度は知識を覚えておかないと、太刀打ちできないことがどうしても起こってしまうものです。

でも、なかなか覚えられない、忘れてしまう。
そんなことってよくありますよね。実は僕も覚えるのが苦手です。

では、どうやって忘れないようにするのか。東大生が解説していきます!
それでは!

これで決まりだ!

暗記・記憶で持っておくべき考え方

まず、物事を覚えるうえで分かっておかなければならないことがあります。

それは「忘れるのは当たり前」ということです。

普通は一回で覚えるのはほとんど無理です。
なので、「忘れる」「覚えられない」というのは悩む必要が全くありません。

では忘れることを防ぐにはどうすれば良いのかと言うと簡単で、同じように知識のインプット作業を繰り返すだけで忘れないようになります。

以下に、1回で覚えようとするのと、繰り返しインプットするのとでどう違うのかについて説明します。

1回で覚えようとするのは時間のムダ

まず、1回で覚えようとする場合です。

結論から言うと時間のムダ・非効率です。

そもそも勉強の効率・コスパは

勉強の効率・コスパ=勉強の成績・学力の向上量/勉強量

で示せます。

要するに短い時間と量でいっぱい成績が伸びた方が良いわけですよね。

ここで1回で覚えようとした場合、覚える作業をする時点で完全に記憶することは可能ですが、時間がかかります。

また、インプット作業を1回で済ませるということはそれだけ作業を1回の勉強で集中させることになるので、その分の集中力が必要です。

今言ったことは全て勉強量の話です。

一方で成績・学力はどうでしょうか?
先述の通り、作業時点では100%記憶するのは可能ですが、どうしてもそこから記憶が無くなってしまいます。

どんなに賢い人間でも、記憶が無くならないことは絶対にありません。

なので、長期的に見ると非常にコストパフォーマンスが悪くなってしまいます。 もちろん、短期的には問題ありませんが。 ※短期・長期の話は後述。

繰り返し覚えることの良さ

一方で繰り返し覚える、というやり方をする場合はどうでしょうか。

先述の勉強のコスパを使って分析します。 まず、勉強量です。

勉強量は完全に覚えるためには1回で覚えるのとほぼ同等、やり方次第ではより短時間で覚えることが可能です。※後述

また、その時間の中でも「繰り返し」とある通り、分散させていくので集中力をそこまで必要することがありません。

総じて、勉強量は少なくなります。

一方でそこから得られるリターンとしては、記憶したことはどこかのタイミングでなくなってしまいますが、それを2回目・3回目と思い出す作業をすることが可能なので、記憶量を維持しやすくなること。

以上を考えると、繰り返しがすごく効率の良い作業だとご理解いただけたのではないでしょうか。

繰り返し記憶の勉強時間について

ここで、なぜ繰り返しやる方が勉強時間が短くなりやすいかについてお話します。

簡単に言うと、1回で覚える時に使う覚え方と繰り返し覚える時に使う覚え方は、後者の方が短くなりやすいです。

具体的には、多くの場合覚える物事を書いて覚えるやり方をするのが一般的ですが、確かにこれは1回で覚えるのには最適ですが、時間がかかってしまいます。

一方で、繰り返し覚える時は「覚えることに目を通す」作業だけで十分覚えることができます。

同じ物事を何回も見聞きしていれば飽きてきますよね?要領はそれと全く同じです。

書いて覚えるやり方は何回も書くことで覚えるものですが、そもそもそんなことをしなくても目を通していれば勝手に覚えるわけです。

書く作業と見聞きする作業は後者の方が短くなりやすいはずです。

ここでややこしくなりますが、何回も書くというのはあくまで「1回の作業」の中に入ります。

一方で見聞きする作業は、1日後にもう1回、1週間後にもう1回という繰り返しを経ているのでそれぞれが「1回の作業」として独立するわけです。

これが次にお話する短期・長期の話につながります。

短期・長期の話

短期・長期の線引きは日単位か週・月・年単位か、という解釈をしていただくだけで構いません。

それを踏まえてですが、1回で覚えるというのは「この日のこの時間に1回」ということです。

その1回を「何日後にもう1回、何週間・何か月後にもう1回」とやるのが繰り返しです。

では、初めの方にお話した1回で覚える時の短期的な効果、繰り返しの時の長期的な効果のどちらがベターなのかという話ですが、当然後者です。

理由は簡単で、一番大事なのは短期的な目標ではなくて長期的な目標だからです。

どんなに定期テストの成績が良くても大学受験で良い大学に行くことができなければ何の意味もありません。

以上が、当ブログで繰り返し記憶を推奨する理由です。
それに伴って、一番最初の結論に戻って「忘れるのは当たり前」と考えるのが正しい考え方になります。

終わりに

ということで、「忘れるのは当たり前」という話をしてきました。

今回は少し長めになってしまいましたが、分かりやすく・ちゃんとした説明をするように詳しくお話をしました。

暗記・記憶法については詳しくは以下の記事に説明しておりますので、そちらもぜひご覧ください!

絶対に覚えられる、暗記・記憶法はこちら!
「勉強法の基本―覚える 最強の記憶法―

 

最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよければコメント・ツイッター共有・拡散をよろしくお願いします!
それでは!

チャンスを掴め!