勉強のやる気あるある―学生編― 学生目線からやる気について話します。

勉強の意味

こんにちは。takuです。

今回は「子供の目線から見た勉強のやる気の出し方」についてお話していきます。

【今回のポイント】
勉強をする主体である学生の子たちがどのような思いで過ごしているのかに
ついて考える!
【こんな人にオススメ!】
子どもの気持ちが分からない!そんな大人の方!
学生の方も「それな!」って思いながらお楽しみください!

子供、というか勉強をする人自身の気持ちの話です。なので、学生に関係なく大人の方にも是非ご覧いただきたいと思っています。

もちろん、子供の気持ちをちゃんと分かってもらうためにもですね。

それでは参りましょう!

これで決まりだ!

大人の視点から見る教育の話はこちらから!
やる気の出し方―大人が子供に勉強をさせるには―

やる気が出ない理由

今回は「どうやったらやる気が出るか」よりも「どうしてやる気が出ないか」について考えていきます。

理由は3つ挙げられます。親子関係・性格・人間の集中力です。
順に説明していきます。

理由①:親子関係の問題

まず最初は親子関係です。

勉強をする時に大体の場合は「親が勉強をさせ」、「子供が勉強をする」という感じになると思います。

結論から言うと、親は子供の勉強にとやかく言うのはタブーです。
というか、親は子供の世界にむやみに干渉してはいけません。

教育論については、僕は親の立場になったことはないのでそこまで深い話はできませんが、
これだけは絶対自信を持って言えます。

理由は簡単で、干渉した分子供は反抗しやすくなるからです。

勉強はあくまでも子供本人がやるものです。それを勉強をする側ではない大人が無理やりやらせようとすれば、子供は操作されているような感覚になります。これは当たり前の話です。

中学生・高校生になってくると自立しようとし始めます。

そんな中で親に干渉される、操作・支配されるのはたまったものではありません。
学生時代を経験した大人の皆さんなら分かりますよね?

例えそれで子供が言うことを聞いたとしても、
いざ親から離れた時に子供は親に依存し続けた影響で何にもできなくなります。自分の意思も全くない。

親がそばにいればいいじゃん?って思う方。まずそんな人はそんなにいないでしょうが、基本的に子供より先に親は死にます。自立してないまま親が死んだらその先に生きていくのが大変です。世間体以前の話。

親子関係の話についてはもっと深く突っ込みたいのですが、
それはまた今度にしておき次へ参りましょう。

理由②性格の問題―めんどくさがりや

次に性格の問題です。

このブログで僕が何回も言っておりますが、勉強は必要があってやるものです。

しかし、必要があるにもかかわらずやらない人がいます。
ちゃんと言えば「必要があると感じているのにやらない人がいる」のです。

その理由を説明しているのがこの性格というもの。
要するにめんどくさがりやです。

「後でやる、明日やる、いつかやる。」という言葉が良い例。
後は「働いたら負けだと思っている。」ですかね。

必要だと分かっているのに、面倒くさいから適当に言い訳をしてやらない。
これはね、めちゃくちゃ問題ありです。これからの人生苦労します

だってやらなければならないことをやらない人って社会の中で生きていけると思いますか?普通に考えて無理でしょ笑

その人に出したいお薬は「凡事徹底」です。当たり前のことをちゃんとやる。簡単なことから始めていく。これが効果的です。
これについてもまたいつか。

理由③人間の限界―集中力

人間には集中力の限界があります。
しかもその限界は1時間もないと言われています。

その限界を根性で何とかするべきだ!これも確かに正しいのですが、
自分の限界をちゃんと理解したうえで動くというのもすごく大切です。

というのも、それをすることで自分の最大限の力を生かすことが容易にできるからです。

もし集中力が切れて根性で何とかしようとしても、それで本当に身になるでしょうか?
例えば無理やり徹夜をしてそれでテストの成績がアップするでしょうか?

僕の経験ですが、徹夜をしてもあんまり変わりませんでした。

確かに僕の集中力の限界がものすごく短いので徹夜の意味がないというのもあるのですが、
少なくとも集中力が続かない!って言う人が徹夜をやっても意味ないでしょ。

それよりも、2週間前3週間前から自分が何をするべきなのか、それをいつやるのかを計画して無理なくやった方が勉強の効率が絶対良いです。

この学習計画の話は「勉強法」の方でもしますのでそちらもご覧ください。

Sponsored Links

終わりに

今回は学生・子供の気持ちにフォーカスしたお話をしました。
絶対共感してくれるはず!笑

最後に、勉強というのはそこまで気を張ってやるもんじゃないんですよ。

確かに受験とか、大事な時は集中して緊張感をもってやるべきです。これは当たり前です。

しかし、四六時中勉強しなきゃいけないわけじゃありません。

むしろ学生は勉強をするだけじゃなくて、友達と遊んだり恋をしたりスポーツを頑張ったり…
そうやって青春を楽しまなくちゃ。

あくまで勉強はその青春の中の一部です。
ちゃんと他のものとのバランスを取りながらやっていくべきだと思います。

その話も追々していきたいなと思う今日この頃です。

ここでポイントになる主体性の話はこちらから!
やる気の出し方―主体性の話―

最後までご覧いただきありがとうございます!もしよければコメント・共有・拡散、ぜひよろしくお願いします!それでは!

チャンスを掴め!