【集中したいけどできない!】勉強に息抜きは必要?現役東大生が解説します!

勉強の意味,勉強法

こんにちは。takuです。

今回は「勉強での息抜き」についてお話します。

【今回のポイント】
受験期の息抜きはやめるべき?!勉強の合間にどんな息抜きをするべき??
【こんな人にオススメ!】
勉強に疲れてしまった人!

これまで、勉強をするべき!っていう話、
こんな風に勉強するべき!っていう話を中心にしてきました。

一方で、勉強は労力を使います。
すごくめんどくさい作業なのは考えなくても分かるかと思います笑

ということで、今回は「どうやって勉強をしないか」という
ちょっと変わった視点でお話していこうと思います。

どうやって勉強しないか、と言うとサボる言い訳みたいな感じですが笑、
そうではなくて良い休み方を考えていくということですので、そこはお間違いなく…

それでは!これで決まりだ!

息抜きは果たして必要?!

結論 : 息抜きは絶対に必要

最初に結論から言いますが、息抜きは絶対に必要です。

人間、四六時中勉強するのは普通は難しいです。
確かに中には1日15時間なんて人もいますが、そんなのは稀です。

皆さんも分かると思いますが、勉強はめんどくさいです。
頭を使って勉強するって、結構な体力・集中力を消費します。

そういう意味では勉強はスポーツに似ています。

マラソンを考えれば分かるでしょう。
1日に15時間もぶっ続けで走ることは絶対できません。立つのだって難しい。

どこかで必ず休憩は必要です。

息抜きは睡眠だけではない!

恐らくここでツッコミが入るでしょう。
勉強できないなら寝ろ!と笑

確かに睡眠も必要なのですが、別に睡眠である必要はありません。
そもそも休憩時間の考え方について改めて考える必要がありますね。

どういうことかと言うと、人間は短期的・長期的の2種類の集中力を持ちます。

集中力を保ちながら勉強を続けていくには? 現役東大生が解説します。

こちらの記事でも書いたのですが、確かに1日のなかである程度の時間は寝るんだけれども、
それだけではなくて、15分~1時間に1回は必ず小休憩をはさまないと集中できなくなります。

もちろん、その休憩の合間に寝ても良いです。
シエスタを始め、お昼に10~20分寝て頭を冴えさせることもできます。

しかし、別に寝ることが全てではありません。
例えば漫画を読む、ゲームをすることでもストレス発散になって勉強に集中することができます。

勉強は逃げるが勝ち!

よく受験勉強では、ハチマキを付けて夜通しで勉強し、
夜食におにぎり…みたいな生活をする学生のイメージが出てきます。

もしかしたらもうそんなイメージがないかもしれないけど笑、
実際に、それくらい死に物狂いで勉強しなければならない、と思っている人も多いのではないでしょうか。

もちろん、努力をした方が良いに決まってます。
しかし、わざわざ睡魔とかと戦ったり、無理に集中しようとしたりする必要はありません。

むしろ、無理にやろうとするとかえって非効率になります。
それなら絶対休んだ方が良いでしょ!!

そのことをちゃんと分かって休めるかどうかも努力です。
そして実力でもあります。そのことを理解しておくようにしましょう。

正しい息抜きの方法とは?

休憩時間は何をしてもいい

正しい息抜きの方法…

正直、休憩時間に何をするかは個々人で考えて決めた方が良いと思います。
本を読んでもいいし、ゲームをしてもいいし、動画を見てもいいです。

オススメのゲームはありますか?本はありますか?動画はありますか?…
別にオススメのサムシングはあるにはありますが、そんなのは他のサイトで調べた方がいいですよね笑

とにかく、好きなことをしてください。

集中できなくなる時は大抵、眠いか何か別のことを考えているかのどちらかです。
だから、自分が思ったことをそのままやれば良いだけです。

要するに、勉強とは別の何かが集中を邪魔しているわけですから、
それを解消してあげればいいというわけ。

休憩時間は10~20分がオススメ

小休憩の時間は大体10~20分くらいが普通です。
だいたい、学校の授業の間の時間と同じです。

別に11分でも17分でも構いません。
正直、ざっくりしていていいです。きっかりしても意味がないからね。

ただ、分かりやすく10分単位の休憩にした方がまとまってて良いんじゃないかな?
それくらいの間隔なのでそんなに厳密にならずに適度に休憩をしましょう。

もちろん、眠すぎて1時間寝てしまったなんてこともよくあります。
そういう時は脳がそれくらいの睡眠を必要としていたということなので気にしないようにしましょう。

もしかしたら、1~2時間ずっとスマホをいじっていても良いかもしれません。
なぜかと言うと、危機感を覚えて勉強に集中するようになるからです。

ただいかんせん、そういう危機感を持つ人はそんなにいませんし、
どちらかと言うと勉強時間が減ったことによる勉強量の減りの方がヤバそうなのであんまりオススメしません。

終わりに―結局は時間管理の問題?

ということで、今回は息抜きについて話してみました。

「勉強したいけど集中できない!」っていう悩みはよくあると思います。

だからこそ、上手くやりくりをする必要がありますから、
そういう時間もまとめて全部考えながら勉強をするべきです。

結局のところ、これは学習計画の話になります。
実際の学習計画でも、こういった休憩時間はしっかり作っておくべきです。

勉強時間と休憩時間を両方とも考えながら
勉強を進めていくようにしましょうね!

Sponsored Links

最後までご覧いただきありがとうございます!
もしよければコメント・ツイッター共有・拡散をよろしくお願いします!
それでは!

チャンスを掴め!