学習計画―5W1Hを考えよう!―

勉強法

こんにちは。takuです。

今回は勉強法、「学習計画」の話をしていこうと思います。

成績アップ フローチャート

上の図で言う③のところです。

どのような勉強をして成績を上げていくのか、について考える、つまり学習計画をする。
その中で考えてもらいたいことについて説明していこうと思います!

【今回のポイント】
学習計画のやり方について、「5W1H」を理解する。
【こんな人にオススメ!】
学習計画のやり方が分からない!そんな方!

それでは!

これで決まりだ!

5W1Hをマスターせよ!

勉強法・学習計画を考えるうえで必ず理解しておかなければならないのが5W1Hです。

特に今回は勉強法という話にフォーカスしているので「Why?(なぜ)」を抜いた4W1Hは必ずマスターしておかなければなりません。

4W1Hとは、

Who?    誰が勉強するか、つまり勉強をするあなたのこと。
Where?   どこで勉強をするか、勉強をする場所のこと。
When?    いつ勉強するか、勉強をするタイミングのこと。
What?    何を勉強するか、勉強をする教科・分野のこと。
How?    どうやって勉強をするか、より具体的な勉強法の戦術のこと。

これらのことを指します。

Howは今話をしている勉強法(学習計画)をより具体的にしたものです。
戦略と戦術という言い方がより正確ですね。

例えば、定期テストに向けて学習計画を立てるとすればその学習計画自体が戦略的な勉強法になります。その中でより具体的に「単語を覚えよう」となった時にその単語の覚え方が戦術的な勉強法になるわけです。

要するにマクロとミクロ、森と木です。

皆さんが最初に考えるべきなのはマクロの方、「どうやって覚えるか」ではなく「いつどこで何をするのか」です。学習計画をする時には十分気を付けてください!

How、すなわちミクロの勉強法についてはこちらから!
勉強法の基本―理解する・覚える・応用する―

効率の良い勉強法は自分との相性次第

さて、学習計画の上で5W1Hを理解すべきだとお話しましたが、
基本的にこの5W1Hは人によって決まってきます。

つまり、効率の良い勉強の「時間」「場所」「方法」「科目・分野」は「人」にやって大きく左右される、ということです。

なので自分と相性の良いものを実際に勉強をやっていく中で考える必要があります

例えば、「場所」についてはスタバがあったり自習室があったりと様々考えられますが、どこが一番良いのかは人によって分かれます。

多くの方が予備校の自習室を使うでしょうが、僕はスタバを使っていたように人の好みは明らかに分かれます。ころころ場所を変えることもあります。

なので自分に合った場所で好きなようにやって全然良いと思うし、むしろそうすべきです。
これは場所に限った話ではありません。

万人に共通する勉強法

しかし、明らかに皆が共通する部分はあるとは思います。

例えば、電車の中で数学の問題集を開いて勉強をするのはちょっと難しいし非効率的です。
それよりむしろ、単語帳を見たりリスニングを聞き流す方が楽だしやりやすい。

このように「万人がやりやすい勉強法」は必ずあります。正解がある場合もあるのです。

その正解については当ブログにて引き続き情報発信をしていくのでお楽しみに!

Sponsored Links

終わりに

今回は、学習計画について5W1Hが要であるという話をしました。

これを踏まえて、自分の学習計画を見直してみてはいかがでしょうか?

最後までご覧いただきありがとうございました!もしよければコメント・SNS拡散ぜひお願いします!それでは!

チャンスを掴め!